rpmでCentOS5.5に最新のPHP5.3.6、Mysql14.14を導入!


1ヶ月ぶりの更新となります。
お久しぶりです。

先日早稲田大学のキャンパスで行われた『Android Bazaar and Conference 2011 Summer』に参加してきました。
いやぁ、楽しかったですね・・・
詳細はまた後日、お伝えしますね!!

 

 

さて、本題に戻って最新PHP、Mysqlの導入ですね。
この度、このブログを提供しているWordPressの最新版がリリースされました。
更新しようとしたところ、PHPのバージョンエラーが・・・

どうやらPHP5.2.4以降のものを要求しているそうです。
しかし、このサーバーはPHP5.1.6
そりゃエラー吐きますわなw

 

まず、現状を見てみます。

[root@web ~]# php -v
PHP 5.1.6 (cli) (built: Mar 31 2010 02:44:37)
Copyright (c) 1997-2006 The PHP Group
Zend Engine v2.1.0, Copyright (c) 1998-2006 Zend Technologies

[root@web ~]# mysql --version
mysql Ver 14.12 Distrib 5.0.77, for redhat-linux-gnu (i686) using readline 5.1

案の定でした。

 
てなわけで更新です。

[root@web ~]# yum update php
Loaded plugins: fastestmirror
Loading mirror speeds from cached hostfile
* addons: centos.tt.co.kr
* base: centos.tt.co.kr
* epel: ftp.kddilabs.jp
* extras: centos.tt.co.kr
* rpmforge: fr2.rpmfind.net
* updates: centos.tt.co.kr
Setting up Update Process
No Packages marked for Update

・・・あれぇ?
どうやら外部のリポジトリを登録せにゃならんようです。

 

Les RPM de Remiを登録しましょう

[root@web ~]# rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-5.rpm
http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-5.rpm を取得中
警告: /var/tmp/rpm-xfer.8TKE13: ヘッダ V3 DSA signature: NOKEY, key ID 00f97f56
エラー: 依存性の欠如:
epel-release >= 5 は remi-release-5-8.el5.remi.noarch に必要とされています

あ、epelもいるのね。
じゃあ、2つを連続してインストールします。

[root@web ~]# rpm -Uvh http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/5/i386/epel-release-5-4.noarch.rpm
http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/5/i386/epel-release-5-4.noarch.rpm を取得中
警告: /var/tmp/rpm-xfer.zVp32l: ヘッダ V3 DSA signature: NOKEY, key ID 217521f6
準備中... ########################################### [100%]
1:epel-release ########################################### [100%]
[root@web ~]# rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm
http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm を取得中
警告: /var/tmp/rpm-xfer.IkLo0u: ヘッダ V3 DSA signature: NOKEY, key ID 00f97f56
準備中... ########################################### [100%]
1:remi-release ########################################### [100%]

rpmは更新されるので、最新版は以下で確認してください。
http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/5/i386/
http://rpms.famillecollet.com/enterprise/

 

ようし、アップデートの準備完了!
いざっ

[root@web ~]# yum --enablerepo=remi update php

---略---

Transaction Check Error:
file /etc/my.cnf from install of mysql-libs-5.5.14-1.el5.remi.i386 conflicts with file from package mysql-5.0.77-4.el5_5.4.i386
file /usr/share/mysql/charsets/Index.xml from install of mysql-libs-5.5.14-1.el5.remi.i386 conflicts with file from package mysql-5.0.77-4.el5_5.4.i386

---以下略---

 

あ、Mysqlを先に更新しろということですね、はい

[root@web ~]# yum --enablerepo=remi update mysql
Loaded plugins: fastestmirror
Loading mirror speeds from cached hostfile
* addons: centos.tt.co.kr
* base: centos.tt.co.kr
* epel: ftp.kddilabs.jp
* extras: centos.tt.co.kr
* remi: remi-mirror.dedipower.com
* rpmforge: fr2.rpmfind.net
* updates: centos.tt.co.kr
Setting up Update Process
Resolving Dependencies

---略---

Dependencies Resolved

======================================================================================================================================
Package Arch Version Repository Size
======================================================================================================================================
Updating:
mysql i386 5.5.14-1.el5.remi remi 7.5 M
Installing for dependencies:
libedit i386 20090923-3.0_1.el5.rf rpmforge 262 k
mysql-libs i386 5.5.14-1.el5.remi remi 1.1 M
mysqlclient15 i386 5.0.67-1.el5.remi remi 1.3 M
Updating for dependencies:
mysql-server i386 5.5.14-1.el5.remi remi 12 M
php i386 5.3.6-4.el5.remi remi 1.3 M
php-cli i386 5.3.6-4.el5.remi remi 2.6 M
php-common i386 5.3.6-4.el5.remi remi 970 k
php-mbstring i386 5.3.6-4.el5.remi remi 2.3 M
php-mysql i386 5.3.6-4.el5.remi remi 148 k
php-pdo i386 5.3.6-4.el5.remi remi 113 k

Transaction Summary
======================================================================================================================================
Install 3 Package(s)
Upgrade 8 Package(s)

---略---

Dependency Installed:
libedit.i386 0:20090923-3.0_1.el5.rf mysql-libs.i386 0:5.5.14-1.el5.remi mysqlclient15.i386 0:5.0.67-1.el5.remi

Updated:
mysql.i386 0:5.5.14-1.el5.remi

Dependency Updated:
mysql-server.i386 0:5.5.14-1.el5.remi php.i386 0:5.3.6-4.el5.remi php-cli.i386 0:5.3.6-4.el5.remi
php-common.i386 0:5.3.6-4.el5.remi php-mbstring.i386 0:5.3.6-4.el5.remi php-mysql.i386 0:5.3.6-4.el5.remi
php-pdo.i386 0:5.3.6-4.el5.remi

Complete!

・・・見てるとPHPも更新してくれてますね。

 
バージョン見てみましょう。

[root@web ~]# php -v
PHP 5.3.6 (cli) (built: May 16 2011 19:18:00)
Copyright (c) 1997-2011 The PHP Group
Zend Engine v2.3.0, Copyright (c) 1998-2011 Zend Technologies
[root@web ~]# mysql --version
mysql Ver 14.14 Distrib 5.5.14, for Linux (i686) using readline 5.1
[root@web ~]# service httpd restart
httpd を停止中:
httpd を起動中:

おkですね。
これでWordPress3.2.1導入できました。

これからもよろしくお願いします~

Redirectお願いします


一般の方には公開していません(アクセスはできますw)が、このサーバーを公開する前までは『Windows Home Server君(以下WHS)』を使って便利にリモートアクセス生活を送っていました。
 

そんなある日、このサーバーを導入したがため、WHSはポートを割り振られずどこか隅に追いやられちゃったんですね(ゴメンネ)
しかし、うちのクラスで文化祭の台本のデータを共有するという話になったため、久しぶりにWHSが出てくることになりました。
 

うちのネットワークは1回線のみの契約です。
なので、いざページを複数公開しようとするとロードバランサを使用するか、ポートを分けなればなりません。
 

まぁ、受験生にそんなに時間はないんです。
ロードバランサなぞを導入してる暇があったら問題集一章は終わらせられますw
てなわけで、ポートを分けることにしました。

 
今までWEBメールが動いていたためポート443はSquirrelMailに利用してたので、WHSのSSLはどっか別の『Unwell-Known Port』とでも言いましょうか、ポート543に割り振りました。
まあ後は、Apacheのサービスと競合しないように、間違ったポートで飛んできたアクセスを一度リダイレクトさせます。
/etc/httpd/conf/httpd.conf のVirtualHostのところに

ServerName shift-crops.homeserver.com
Redirect / https://shift-crops.homeserver.com:543/

と書き入れ終了です。

 

しかし、現実はそんなに甘くなかった・・・
学校のサーバーはプロキシを通して外部へのアクセスが可能になっています。
なので、そんなわけの分からないポートにはアクセスがリジェクトされるのですorz
他の使ってないWell-Known Portなどで試してみましたが見事に返り討ちにあいましたww

 

仕方がないので、使用頻度のそこまで高くないSquirrelMailが移籍決定です。
webmailをマイナーなポートに移し、WHSに天下の443をプレゼント
見事にアクセスできました。
その際、/etc/httpd/conf/httpd.conf の書き換えも忘れずに。。。

 

てなわけで、なんとか無事に皆さんに使っていただいてるわけで、これからもApacheさんにRedirectお願いしますっ!

これはバグかな・・・?


うちのサーバーはメール用とWEB用、さらにNAPT用など、全部で5つに分かれています。

(うち2台はお休み中)

この度部活動等の関係でウェブ用にmailmanを導入するうえで、一部のドメイン宛のメールをWEB用サーバーに転送するようにpostfixを設定しました。

無事、外部からの投稿もでき、これでOKかな?と思ったのですが・・・

肝心の内部から外部にいけない。

 

ほい、tailf /var/log/maillog

んと、なになに?

【Sender address rejected: Domain not found (in reply to RCPT TO command)】

あ、WEB用のsendmailのマスカレード書き換え忘れてたわ

 

MASQUERADE_AS(`webmail.shift-crops.net')dnl

ん?今度は・・・

450 4.1.8 <***@webmail.-crops.net>

shiftがごっそり抜けておるorz

 

何これ?

『shift』が抜けると思って

MASQUERADE_AS(`webmail.sshifthift-crops.net')dnl

ってやると

450 4.1.8 <***@webmail.sshifthift-crops.net>

 

もうsendmailわけ分からん。

ひと段落


ひとまず基本的なサーバー構築は終了しました!

HTTPサーバーにSMTPやIMAPサーバー、ほかにも内部向けにCSVを立てたりなどなど・・・

というわけで、せっかくWEBサーバーの役割をしてくれているのならとブログもこちらに移行することにしましたぁ~

まだ昔のブログも公開されてはいますが、これからはこちらを中心にしていこうと思います。

 

そういえば、未だにwwwのほうにアクセスしようとすると別のページにリダイレクトされるようになっていますが、あれは将来的に別のページを作るための穴埋めですw

いつかPHPでちゃんと立派なページつくるぞー(おーー!!)

サーバー構築中・・・


ただいま先日買ってきたサーバーに色々詰め込んで、新しいサイト構築中です。
多分ブログもそっちに移すかもです。
できたら報告しますね。

そういえば、あのDDNSとDNSの併用意外といけますね!
ちゃんとメールも外部と互換的に通信できますしね♪

でも、このごろ勉強しろと親に怒られますorz
いい具合に構築したら放置になるかもです・・・・